body

日本の借金、大変です!

 

f:id:morgen1090:20170611124349p:plain

 

今回の投稿は久しぶりにお金に関するお話です。

 

さて、タイトルの写真ですが
こんな本が出てるんですね。

 

読んだことはありませんが
一回くらい読んでもいいかもしれません。

 


え?
私がヒモに引っかかるって?


そうなんです。
一時期、とっても
引っかかっていた時期がありました。


いつでも私の心を満たしてくれて

それでいてうわべでは
誰にでも安心感を与えてくれる。

 

とても優しい彼・・・

 

その魅力のせいで
日本の女性の99%以上は
小さい子から老人まで騙されて
今この時でも貢いでしまうくらいなのですから・・・

 

f:id:morgen1090:20170611124411p:plain


茶番はこれくらいにして・・・


今回のタイトルを思い出してください。

 

あなたのおかげで豪遊できている。

 


日本政府の借金は今
急速に増加しています。

 


日本 財政破たん 報ステ おやまお

 

これは2004年の報道ステーションの動画です。
現在の借金は1000兆円以上といわれています。

 


これ以上、このペースで借金を増やしていったら
どうなるか


日本の国家は破綻して
ハイパーインフレが引き起こされます。

 

 


ハイパーインフレ おやまお


こうなる日も割と遠くはないかもしれません。

 


しかし、1000兆円もの借金があるにも関わらず
どうして、日本は破たんを免れているのか?

 

そして、どうしてそれでも運営できるでしょうか?

 

f:id:morgen1090:20170611124433p:plain


成人した日本国民なら
誰しもが持っているもの


スマホ・パソコン・銀行口座

 

この三つは必ず持っている
あるいは使いこなせると思います。

 

もっと言うならば、パソコンや
スマホよりも、銀行口座は持っていると思います。

 

なぜ、日本人は必ずと言っていいほど
銀行口座を持っているか?

 

それは


給料が銀行振り込みであるから


なのは違いがありません。

 

仕事はもちろん
バイトも近年は手渡しでなく
銀行振り込みになりました。

 

近年、派遣労働ですら銀行振り込みで
手渡しのものはありません。

 

そして、以前にも話しましたが
日本人のお金の流れはすべて


銀行や郵貯などの貯金や投資などに
集まっています。

 

 

f:id:morgen1090:20170611125327p:plain

 

お金の流れが一つにしか集まらない
いや、お金の流れを一点に集中させている。


こういったほうがいいのです。

 

このお金がどのように使われるか。

今回はこれをテーマに見ていきます。

 

f:id:morgen1090:20170611124457p:plain


もう、タイトルから

(うわぁ・・・)


って内容ですよね。

 

しかし、実際に日本のお金の仕組みって
これで成り立っているのです。

 


私たちが汗水たらして使ったお金は
銀行に預けられています。


そのお金を銀行は、日本政府に貸し付けをしているのです。


これが、国債というものですね。

 

 

f:id:morgen1090:20170611125354p:plain

つまり、日本政府の借金は
国民の貯金額と同額といえます。

 

 

f:id:morgen1090:20170611125416p:plain


普通、お金を借りている側は


(これ以上、借金を作らないように
 貸してくれた人の気持ちを裏切らないように
 頑張ってお金のやりくりをしなきゃ・・・)

 


そう思いますよね?

 

しかし、今回は
究極のヒモ人間についての話です。

 


究極のヒモ人間はどう考えるか

 

(借金できるだけやりきって
 最後は、返せませんでした♪って
 ノリで決め込めばいいっしょ♪)

 

という程度の考えしかありません。

 

 

f:id:morgen1090:20170611125451p:plain

 

 

f:id:morgen1090:20170611125525p:plain

 

 

f:id:morgen1090:20170611125603p:plain

 

借金を返す能力のない人間に
借金返済を行っても意味がありません。

 

国家が破綻すれば、借金という概念もなくなる。
つまり、銀行に入っているお金も消えてなくなるわけです。

 


・預金通帳の数字であなたの努力は伝わっているよ


社会保障でいつまでも幸せを保障してあげるから


ずっと君のことを話さないから・・・

 


こんな身近に、とんでもない
ヒモ男がいたわけです。

 

f:id:morgen1090:20170610142039p:plain


国家が破産してしまう
その危険性を考えたら


私たちができることは

 

他の価値あるものを持っておくこと

 

これが大切になるのではないでしょうか?

 


資料6

f:id:morgen1090:20170611125621p:plain

外貨・金・ビットコイン

 

どれを持っていても
国家破綻に対応することはできます。

 

bitFlyer

 


自分の資産は自分で守る
誰かに守られる時代は
インターネットを使い情報を使える時代が始まってから
もう終わっているのです。

 

 

今日も最後までお付き合いしていただき
ありがとうございました。