body

お金を守る方法、一番いいのは、どれ?

 

f:id:morgen1090:20170505125756p:plain

 

前に書いた記事では

貯金や年金だけでは
万が一のことが起こった時に対応しきれない

というお話をさせていただきました。

 

 

morgen1090.hatenablog.com

 

 


では、貯金や年金以外に
お金を何に投資すればいいでしょうか?

 

f:id:morgen1090:20170505131558p:plain

 

投資と聞いて一番初めに思いつくのは
株だと思います。

 

 

日本株についてガイドしてくれる
サイトを載せておきます。

 

https://stock-beginner.jp/kind-stock-market/

 

f:id:morgen1090:20170505130013p:plain

 


このような形でまとめてくれています。
もし興味がありましたら、ご覧ください。

 

f:id:morgen1090:20170505125945p:plain

 

私個人としては


日本株はあまりお勧めしません。
経済の流れ、日経平均ドル円がいくらかなど
そのようなことを日常に落とすため
学ぶためならば持っていてもいいとは思います。

 

数年前までは配当が良く
少ない資産でも手に入れることができる


みずほ銀行の株式も持っていました。


その時はマイナス金利が始まり
リスク排除のため売りが強まったので
そのときに買い、日経平均が2万円台付近になったときに
売ってしまいました。

 

f:id:morgen1090:20170505132031p:plain


1、日本円が暴落した時のリスク排除にならない

 

お金を増やすことも大切ですが

一番大切なこと

 

お金を日本の円以外で持つということ

資産を分散してリスクを排除すること

 

 

です。

 

日本の円は安倍政権によって

円安になっている

 

つまり、円の価値は下がっている

円の価値が下がるということは

貯金や年金の価値自体が下がっているということです。

 

morgen1090.hatenablog.com

 

 

最悪、円の価値が下がりすぎ

ハイパーインフレなどになったら

シャレになれりません。

 

 


ハイパーインフレとは?
(2分程度の動画ですので、ご覧ください)

 

下の動画をクリックしてください。

 


ハイパーインフレ おやまお

 


でも書きましたが
円が暴落した時に対してのリスク排除をすることが
分散投資の目的でした。

 

 


日本の株は日本円に対して推移します。
円がインフレになっても株価がそれに見合って
値上がりするとは限りません。


最悪の場合、経営困難になり
上場廃止ということもあり得ます。


そうすれば、投資した株はすべてなくなり
投資したお金も意味がなくなってしまうのです。

 

 

2、日本市場の成長は限られている


日本企業は国内では正直
伸びきったパンツのゴムといえます。

企業は躍起になって成長、結果を毎年数字で求めています。


しかし、成長とはそう毎年毎日
続けられるものでしょうか?


3歳児が4歳になり
できるようになることは
親がうれしくなる程たくさんあります。


59歳の人が還暦を迎えたとき
成長よりも、維持できたこと
やり遂げたことに感動を持つのではないでしょうか?

 

日本の経済は後者であり
日本国内に目を向けるよりも
海外に目を向けることが良いと思われます。

 

f:id:morgen1090:20170504222710p:plain


分散投資をする上で必要なこと】

 

投資と聞いて、株式と思いがちですが
そんなことはありません。

 

日本国内の株を買うことは
あまりリスク排除になっていない

 

投資は増やすこと以上に
リスク排除のためにお金を逃がすこと


これが大切になります。

 

海外、特にこれから成長の見込みがあるもの
あるいは、変動の変化が少ないもの

そのようなものに投資をする
資産に換えておくことが必要になってきます。

 

海外に目を向けると、世界の情勢に興味がもてる


ニュースを見ていて今後の経済が予想できる


90%の人が見落とす
経済情勢に気づき対策を練れる

 

これからの未来について
自分なりの見解を持てるので
おススメです。

 

今回も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。