body

怖いのは需給の延期だけじゃなかった!本当の年金問題の落とし穴

 

 

 

f:id:morgen1090:20170505104325p:plain

 

 

 

以前に

年金の支払額と支給額について
お話しました。

 

 

morgen1090.hatenablog.com

 


年金問題の心配事といえば


「果たして私たちが65歳になった時に支給されるのか?」


ということが挙げられます。

 

f:id:morgen1090:20170505104748j:plain

 


年金への危機感や不安を

夜のニュース番組で数字が出されていました。

 

これだけ見るとこの先不安ではありますが・・・

 

本当にこんな現実が
待ち受けているんでしょうか?


もしこれが真実だったら・・・

 

今回は支払・支給時期や
その他の問題について考えながら
年金制度についてみていきたいと思います。

 

f:id:morgen1090:20170505105438p:plain


下のサイトでは年金の支給時期の説明がされ
PDFファイルで早わかりできるようになっています。

 

日本年金機構
厚生年金の支給開始年齢


http://www.nenkin.go.jp/yougo/kagyo/kounen-kaishi.html

 

 

f:id:morgen1090:20170505104519p:plain

 

一部を乗せてみました
支給時期がしれーっと後にずれ込んでいますね。


国民年金も厚生年金も
どちらも65歳。


私の場合、もし80歳まで生きたとしても
15年間で支給される額は

一年間の支給額
 
 130万円 × 15年 = 1950万円


40年間の年金支払額は

 19万円 × 40年 = 760万円


(計算式等はこちらの記事を参考にしてください)

 

(意外ともらえるかも!)


そうあなたは思うかもしれませんが
少し考えてほしいのは

 

ひと月約 130÷12=約10.8万円


で15年間、180か月を生きなければなりません。

 

ひと月10万円程度と考えると厳しいですよね。


(貯金をしてなきゃいけない・・・)


そう思っていてもできない現状

 


そして、貯金以外にもさらなる落とし穴が
実は存在しているのです

 

f:id:morgen1090:20170505105521p:plain


日本の借金について
可愛く分かりやすく説明しているサイトを見つけました

 

http://cardloan-girls.jp/japan-debt/

 

NAVERまとめサイトにも出ていました。
それだけ多くの人が不安に思う内容なんですね。


https://matome.naver.jp/odai/2141561241304660701

 


最悪、日本経済が破綻してしまった場合
どんなことが起こるのか・・・

 

「日本経済が破綻なんてないでしょ?」

 

その可能性は0ではありません。
いや、その可能性のほうがむしろ大きいという
考えの人のほうが先見の明がある人かもしれません。


2004年度の報道ステーションです


動画:報道ステーション
(3分程度の動画ですので、ご覧ください)

 


日本 財政破たん 報ステ おやまお

 

 

経済破綻から想定できることの一つに
ハイパーインフレというものがあります。

 

ハイパーインフレとは?
(2分程度の動画ですので、ご覧ください)

 

下の動画をクリックしてください。

 

 


ハイパーインフレ おやまお

 

 

もし、日本でハイパーインフレが起こったら

 

f:id:morgen1090:20170505105203p:plain

 

物価が急上昇してしまう

 

 

f:id:morgen1090:20170505105245p:plain

 

お札も紙切れ同然に・・・

 

 

f:id:morgen1090:20170505105307p:plain

 

 

これ、日本人にとっては致命傷なの分かりますか?

 


あなたが働いたお金、どこにありますか?

 

多くの方は、銀行預金かお財布が
だと思います。

 

ハイパーインフレが起こってしまえば
預貯金のお金の価値は一気になくなってしまいます。

 

積み立てていた年金の価値は一気に意味をなさなくなります。

 

(こんなこと早々ないでしょ)

 

そうでしょうか?

 

インフレというのは円の価値が下がることを言います。


この10年の間に、日本の円の価値は
毎日変動しています。

 

2012年と2015年の比較をしてみます。

 

f:id:morgen1090:20170505105402p:plain

 

 


円の価値は79円から121円に変動しています。


これは、円の価値が42円も安くなっているということです。


1万ドルに換金するのに

2012年では79万円で済んだのが

2015年では121万円払わなければ換金できません。

 

もっと言えば、

2012年に79万円で1万ドル変えていれば

2015年に1万ドルを円に換えていれば


121万円になっている。

つまり、何もせず交換だけで42万円手に入る

 

ということです。

 

お金の価値というのは秒単位で変わります。

 

貯金をしていれば大丈夫

年金があるから将来はとりあえず平気じゃない?

 

そういう発想はもう当の昔に終わっているように思います。

 

f:id:morgen1090:20170504222710p:plain

 

【将来の資金を確保するために】

 

経済破綻を止めることは個人では決して無理です。


私たちにできることは
年金や貯金はある程度は必要だが
それだけに頼らないこと


・円以外の資産を持つこと
 分散して持つこと

 

これが安定を保てる一つの方法だと思います。


絶対的なものはありません。

 

一つが崩れたときに
ほかの資産があるだけで心の安心は生まれます。

 

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。